派遣で働き時間に余裕のある生活を

トップ > 派遣での働き方 > 派遣で働き時間に余裕のある生活を

派遣で働き時間に余裕のある生活を

30代、女性です。結婚して、今は、会社員の夫と保育園の子供との三人暮らしです。以前は総合病院で働いていましたが、出産・育児を機に夜勤のない個人病院に転職し、その後、派遣に変わりました。

派遣で、残業なし!

派遣で仕事をするようになったのは、一番は職場の煩わしい人間関係に辟易したからです。また、夜勤がないとはいえ、日勤でも診察時間が延びたりして、拘束時間が長く保育園のお迎えに間に合わないことも多かったので、派遣になりました。

派遣先は検診が多い

派遣先は検診が多いです。採血をしたり、血圧をはかったりすることが多いです。派遣になってから、看護師としてスキルや知識がどんどん落ちていっている一方、採血の腕だけは上がりました。
時給は2000円くらいです。一日ではなく、半日の仕事が多いので日給に換算すると6000円〜8000円です。  

派遣で働く

病院での勤務は失敗は許されないというストレスを常に感じなければなりませんが、派遣での検診の仕事はそこまでのプレッシャーがないので気にいっています。また、短期間の派遣が多いので人間関係に悩む必要がなく気楽に働くことができます。  
しかし、収入は病院で働くよりも減ります。仕事も不定期なので、一か月の収入が不安定になります。また、スキルアップは望めません。なので、もう一度看護師としてばりばり働きたいという希望を持っている人にはおすすめできません。  

今の自分に合っている

子供が小学生の間は、今のままでよいと思っています。子供が大きくなったとき、もう一度正職員として働きたいと思うかは今のところ不明です。  

派遣で働く看護師にアドバイス

家事や育児と仕事のバランスを考えたとき、派遣で働くのは一つの手だと思います。夫や自分の他に稼いでくれる家族がいて、自分が生活費の全てを稼ぐ必要がないという働き方でよいという人に派遣はとてもおすすめです。